コンセプト

毎日快適に、心豊かに過ごすために、歯科医療にできることは・・・。
当クリニックでは、身体の健康と共に心の健康にも関わる歯の治療を通して 明るく素敵なライフスタイルのお役に立てることを心がけています。 美しい歯に関するさまざまなお悩みやトラブルは、お気軽にご相談ください。 おひとりおひとりの症状やご要望にあわせ、治療プランをきちんと話しあい 安心して治療いただける環境と、最新の技術をご提供いたします。

患者さまへのメッセージ

歯科医療は、この早い時流の中で確実に進歩を遂げています。 昨日の治療は、今日すでに古いスタイルになっているかもしれません。 私達は、10年20年先を見据えた上で、最新の情報や技術を常に取り入れ患者様の問題解決につながる様に心掛けています。 また、そういった新しい技術を積極的に取り入れてゆく事は、その分野の発達を活性化させ、 技術成熟にも繋がるのです。 その技術が一端を担う医療とはもちろん、患者さまのための診療である ことは言うまでもありません。 しかし診療とは、技術の末端形態としての存在ではなく、また患者さまにとって、例えば端的な 痛みからの解放が設定された目的達成だけではないと考えます。

トータルバランスが大切

治療計画はあくまで、患者さん中心に進めていきますが、あくまでトータルバランスを重視しています。 例えば「この女優さんのように真っ白な歯にして」といわれても、真っ白い歯がかえってアンバランスとなり、 患者さんの魅力を失わせてしまう場合があります。 女性の美しさも個性があるからこそ魅力があるのであって、「あの女優さんのようにして」という模倣では その人の魅力は引き出せません。 セラミック・ラミネートベニア法という治療法のひとつをとっても、その人に合った歯の色や形にするために、 リップラインやスマイルラインなどトータルに口元のバランスを考えなければなりません。 患者さんとドクターがお互い納得したうえで、信頼関係を保ちながら審美 矯正治療を進めていくことが望ましい といえます。 その意味で、当院では治療前のカウンセリングを最も重要視しているのですが、治療が始まってからも、 常に納得していただくまで話し合う機会を持つようにしています。 お気に召さない場合は、何度でも補綴物(ほていぶつ)を再製、装着し、患者さんに納得いただいたうえで 治療を進めてまいります。

当院の自費治療における補綴物について

当院が提供している自費治療の補綴物(被せ物や詰め物など)は、全てデンタルクリエーションアートにて作製されております。 デンタルクリエーションアート代表の西村好美先生は日本だけでなく世界の歯科技工士界でも有名なセラミストであります。彼の作製する補綴物は審美性だけでなく機能性や構造力学的にも優れ、必ず、患者さんに満足して頂ける事と信じております。
岡崎歯科院長|西村好美
西村好美
【略歴】
1982年 行岡医学技術専門学校 歯科技工士科卒業
藤井歯科医院勤務
1985年 大阪セラミックトレーニングセンター講師
1988年 日技生涯研修認定講師
1991年 藤井歯科医院退社
有限会社デンタルクリエーションアート開設
1995年 SJCD歯周補綴テクニシャンコース講師
1999年 にしむら塾主幹(東京・大阪)
2001年 松風アドバイザー兼国際インストラクター就任
2002年 咬合・補綴計画セミナー招聘講師
2007年 日本歯科審美学会認定士及び評議員
THE EUROPEAN JOURNAL OF Esthetic DENTISTRY
編集委員
2009年 新大阪歯科衛生士専門学校卒業(歯科衛生士国家資格所持)
2010年 大阪大学歯学部付属病院歯科技工スーパーバイザー就任
新大阪歯科衛生士専門学校講師