歯ぐきを美しく

歯肉のホワイトニングで黒ずんだ歯ぐきを美しく

ホワイトニングは歯だけでなく、歯肉に大しても行われます。
黒ずんだ歯茎は見るからに不健康で汚く老けたイメージを与えてしまい、 黄ばんだ歯と同様マイナスイメージ以外のなにものでもありません。
年齢を感じさせてしまいますね。

歯肉(歯ぐき)もホワイトニングを行うことで健康的でピンク色の若い歯ぐきにすることが可能なのです。
歯肉の黒ずみの原因は、メラニン色素の沈着や喫煙習慣、歯に含まれる金属などです。

黒味を帯びた歯肉はホワイトニングで自然なピンク色の歯肉の色に戻すことができます。
歯肉のホワイトニングは歯肉にホワイトニング効果のある薬剤を塗布して、数日後に白く濁って表皮のメラニンが 一緒に剥がれ落ちてきてホワイトニングができるのです。

また、差し歯の部分の歯ぐきの色が黒くなることが良くあります。
原因はいくつかありますが最も多いと言われているのは、歯ぐき自体が黒いのではなく、加齢とともに歯ぐきが縮退し、 差し歯の金属部分や変色した歯の根の部分が、歯と歯ぐきの境から見えている場合です。
このような場合はオールセラミックスクラウン(審美歯科ページにリンク)での治療をお勧めしております。